夏用化粧品の使い切り方 強烈な暑さの日も少なくなってきて

強烈な暑さの日も少なくなってきて、朝晩は涼しい日もあります。服装も半袖と薄い長袖を交互に着るようになりました。この頃になると汗ばむ日や乾燥が気になる日があり、肌の状態が不安定で化粧が上手くいかない事が。化粧品を夏から冬の保湿効果の高い物に変えようかと思い始めます。

ステラアリエス美容液の効果と口コミ!市販の店舗で購入出来る?

しかし、まだ夏用の基礎化粧品も残っているし、ファンデーションは、暑くて付けていられなくて、半分も残っています。日焼け止めクリームは、顔以外の所にも付けているので減り方はとても早いです。残っている化粧品の中で一番困っているのは前者で色は濃いめでもまだ首との境目は同じ位の色。

ですが、付けている時間が長いと頬や目の周りが乾燥してきて引きつったような感じがしてきます。こんな時はメイクの上から使える化粧水スプレーを持っていると、シュッとひと拭きすると潤ってとても便利。それが無い時は、今使っている化粧水を小分け用のスプレー瓶に入れて持っています。

専用の物はミスト状に細かく出て、手で押さえる必要がないものもありますが、自分で詰め替えた化粧水ではそこまでは出来ません。でも乾燥が酷くて、深く長いファンデーションのヨレは出来難くなりました。残っている乳液は首や鎖骨の周りにたっぷり付けて、マッサージを。こうして夏用の化粧品を使い切って秋や冬に備えています。