冬は蜂蜜で乾燥肌知らずになりましょう

冬は寒さと空気の乾燥によって、カサカサ肌に悩む方が多い季節です。

冬の肌トラブルを乗り越える為に蜂蜜に頼ってみませんか。ビハククリアは効果なし?

冬に肌が乾燥する原因は11月~1月にかけて気温と湿度が低下する事で、肌の水分が他の季節より多く蒸発して乾燥肌になってしまうのです。

東京における2005年12月の平均湿度は39%と、100年前の1905年同月76%と比較して約半減しています。

加えて自宅やオフィスでエアコンが肌を乾燥させ、更に肌の洗いすぎも肌の水分量を減らします。

100年前では考えられなかった生活環境の変化が、乾燥肌トラブルの原因なのです。

そこで、乾燥肌から潤いのあるプルプルな肌を目指す為に蜂蜜を使った美容法を紹介します。

毎日の入浴時に、大さじ1杯の蜂蜜を手にとって顔や首に伸ばし、5分経ったら水で洗い流します。

簡単な「蜂蜜パック」なら毎日続けられます。

次に、週に一回のペースでいいので、乳液に500円玉位の蜂蜜を混ぜて顔に伸ばし、その上に、市販のフェイスマスクを付けて10分程待ちます。

毎日の蜂蜜パックと週一のフェイスマスクケアを繰り返す事で、肌に弾力が生まれてファンデーション要らずになります。

更に愛用の洗顔料を泡立て、適量の蜂蜜を加えて洗顔します。

蜂蜜洗顔の後は、嬉しいモチモチ美肌になれるでしょう。

冬の乾燥肌対策は、蜂蜜が活躍する事で簡単に行う事が出来ます。

蜂蜜の持つ吸湿性が、潤いを逃さず肌に与えてくれます。

今年の冬は「蜂蜜美容法」を実践しましょう。