年間通しての紫外線の方法

近年では、男性用の日傘の人気や、子供の日焼け止めクリームの需要からもわかるように、夏の強い日差しから肌を守るための対策は美容意識の高い女性に限ったことではありません。

解約できない?ネーヴェクレマを3ヶ月使用した口コミ体験談&効果を暴露!

また紫外線は夏の強い日差しの下だけではなく年間通して量の差はありますが降り注いでいます。

紫外線にはUVA・UVB・UVCとありますがUVCは地表には届きません。

UVAは、年間通して注意が必要です。4月~8月がピークとなりますが、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量が地上に到達しています。

皮膚にゆっくり蓄積し長期的に影響を与えるため、シワやたるみの原因となります。

UVBは春から秋までが特に注意が必要です。1年を通じて量に差があり、4月から徐々に増え始め、5月~8月にピークをむかえます。

夏の日焼けの原因となるもので、皮膚の表面に影響を及ぼし、色素沈着だけでなく遺伝子(DNA)にも影響を与えます。

適度に太陽光を浴びる事は、ビタミンDの合成や体内時計を整えるなどのメリットもあるので必要です。

しかし、照り付ける太陽の下に肌をさらすことは、日焼けによるシワやシミの心配はもちろんですが老若男女、皮膚がんなどのリスクも考えると、きちんと対策をとる必要があります。

家の中に居ても紫外線は入ってきますし、年間通して1日中、日焼け止めクリームを塗り暑くてもUV対策のある長袖の衣服を着る事は現実的ではありません。

特に子供は、暑い季節の長袖は嫌がりますし、日焼け止めクリームは、汗や水遊びで、流れ落ちてしまうので塗りなおす必要があります。

また男性は女性に比べ、お肌への意識も低い傾向にありますので、気を付けてあげたいですよね。