毎朝のながら運動で、たるんだお腹が割れるようになった1つの習慣

ダイエットにおいて大事なのが、ストレスなく続けることです。

そして、ストレスなく続けるには、やることを1つに絞って習慣に落とし込むことが必要です。

履き方次第では痩せない?グラマラスパッツの効果と私の口コミ評価を暴露

多くの場合、食事による減量や運動による減量といろんなダイエット方法があります。

ですが、多くのダイエット方法に惑わされてはいけません。

大事なのは、いかにストレスなくダイエットを続けられるかです。

そこで、ストレスなくダイエットを続けるには、”ながら運動”を取り入れることです。

ながら運動とは、1つの事をやりながら、他の事も並行して同時にやることです。

例えば、歯を磨きながら

・もも上げ

・スクワット

・まっすぐ立ったままでかかと上げ

などの簡単なものです。

私の場合、毎朝「歯を磨きながらもも上げ」をしています。

初めは、片足ずつ30回(両足で計60回)ほど上げる事をしていました。

そして、慣れるにつれて50回、70回と徐々に増やしていきました。

すると、1年経った頃にはたるんだお腹がへこみ、薄っすらと割れてきました。

そして、2年経った頃にはくっきりとお腹が割れて、ご飯をいっぱい食べても太りづらい体になりました。

こうしてお腹が割れるようになったのは、歯を磨きながら毎朝の日課として「もも上げ」を続けていたからです。

それに、もも上げをやることが当たり前になっていたので特にストレスを感じていません。

元々、太りやすい体質でいろんなダイエット方法を試しましたが、もも上げのみを続けて感じたのは、”地味な方法こそ効果がある”という事です。

「私には…」、「僕には…」と思うかもしれません。

ですが、大丈夫です。

まずは、ストレスなく1つの事を少しづつ続けてみてください。

初めは5回でも構いません。

次第に余裕に感じてきます。

余裕に感じたら増やして、また続ける。

気づいたら50回と回数を重ねられるようになります。

まずは、ダイエット方法を1つに絞り、続ける。

そして、ながら運動として習慣に落とし込んでみてください。