遠距離恋愛を経た僕ら

昨年冬、僕らは出会った。自分も彼女も学生でとあるサイトを通じよく話す仲になったが、次第に惹かれあい毎日のように電話をするようになった。夜の時間帯に話す事が多かった僕らであるが一点気がかりな事がある。もし、付き合ったとしても遠距離であることからなかなか一歩が踏み出せずにいた。恋愛感情ばかりが高まりある日決意した。「よし、会ってみよう」この言葉をきっかけに飛行機で二時間ちょっとの旅気分で彼女に会いにいった。 自分は告白しようと決めていたため、ちょっとしたサプライズを練っていた。

自衛隊のための婚活情報 | 結婚相談所で出会いを

それは、遊園地の観覧車に乗り、頂上でカメラを回しながら夜景をバックに告白をするというものであった。なかなか緊張したが当日はうまくいき僕らは付き合った。しかし、遠距離であることからなかなかあえる日がない。それをどう埋めていくかが1番の悩みであった。

二人で話あった後、できる限り連絡をとりあい、電話をし、時には自分の写真や動画を送りまるで一緒にいるかのような日々を過ごすことに決めた。自分の就職をきっかけに実家を出て、同棲に向けて準備をはじめた。彼女は学生であり ちょうど出てくるのにベストタイミングであった。 いくつもの奇跡と出会うべき運命が僕らを今、幸せへと導いている。